新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、アルバイト収入が大幅に減少し、
修学の継続が困難になっている学生等に対して、
JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)から現金が支給されます。
(住民税非課税世帯の学生だと20万円、それ以外の学生は10万円が支給されます。)

詳細は文部科学省ホームページを確認してください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00692.html

該当要件に当てはまる学生の皆さんは、以下の手続き手順に従って
学校に「申請書」/「必要書類」を準備してください。


(該当要件)
 A 一般 1. 年間の仕送り 150万円以下
2. 自宅外で生活している
3. 生活費、学費に占めるアルバイトの収入の割合が高い
4. 家庭(両親)の収入減小等により、家庭からの追加支援が期待できない。
5. アルバイト収入が前月比50%以上減少している。
   ↑
1月以降の2か月分(1月→2月、2月→3月、3月→4月で収入が50%以上減少)
 B 留学生 1. 前年度の成績評価係数 : 2.3以上
2. 1ヶ月の出席率が 8割以上
3. 仕送りが平均月額 90,000円以下(入学料・授業料は含まない)
4. 在日している扶養者の年収が500万円未満


◆手順1◆ (締切 6月5日まで)
A 一般 5. アルバイト収入が前月比50%以上減少
B 留学生 3 仕送りが平均月額 90,000円以下(入学料・授業料は含まない)
 上記 2項目をチェックします。

A  1月以降の2か月分(1月⇒2月、2月⇒3月、3月⇒4月 で収入が50%以上減少)
B  仕送りが平均月額が90,000円以下 
の内容が確認できる通帳のコピ-を受付に提出して下さい。
 
通帳のコピ-と一緒に給付申請書(本メール添付)の赤の部分(提出年月日/学籍番号/氏名/青年月日/電話番号)を記載。仕送りが平均月額90,000円以下の記載が通帳にない場合は申請書 3.申し送り事項に「仕送りが平均月額90,000円以下(入学料、授業料は含まない)」である旨の記入をして下さい。
(申請書の原本はコピ-を取った後に返却しますので保管して次の準備を行って下さい。)
 
手順2 
50%以上の減少が確認された皆さんの成績評価係数と出席率を確認します。
確認が取れた学生に連絡しますので以下の書類を準備して下さい。
 
手順3
(必要書類) 
①アパートの賃貸借契約書の写し(賃貸借契約書の写しが無い場合は住民票)
②住民税非課税証明
 
手順4 (締切 6月15日まで)
①申請書の必要項目全部(銀行口座やチェック項目など)を記入
②誓約書 (様式2)本メール添付
必要書類と一緒に提出して下さい。

 !注意! 

この給付金は給付基準 (出席率や成績評価係数)を満たす必要があり申請した学生全員に給付されるものではありません。
また各学校ごとに推薦枠がありその範囲内で推薦者が決まります。 現在推薦枠の人数はJASSOより連絡が来ていません。
推薦の選別の基本方針は 1. 出席率 2. 成績 3.その他となります。
推薦リストの最終期日が 6月19日 となっていますので、上記手順に書いてある締切日を守って必要書類を準備して下さい。

Translation
 Japanese(日本語Japanese)/ English(英語) / русский(ロシア語)
 / ภาษาไทย(タイ語) / 中文(中国語) / 
한국어(韓国語)
 / Việt(ベトナム語)